予防接種以外で初めて小児科の治療をうけた

つい最近も市が開催する検診があったが、とくに問題もなく、予防接種以外に小児科にお世話になることもなかった我が子。それが里帰りの2週間前から鼻水をたらすようになって、気になったので子供用の鼻水を止めるシロップを購入。何日か飲ませていたら症状がおさまったので、様子を見ていたら次は下痢気味になってしまった。里帰りの当日も常にグズグズ泣くので「おかしいな?」と思って熱をはかってみたら38.1℃。乳児にしても熱がある状態。里帰りを延期するか一瞬考えたけど、祖母の四十九日ということもあり、とりあえず一度実家に帰ることに。いつもなら人見知りもせずにニコニコしているのに、弟や母の顔を見たとたんに大泣き。抱っこからおろしても泣き崩れ、汗びっしょりに。そこで熱をもう一度はかったら38.8℃に上がっていた。ミルクも飲まず、ごはんも食べない。下痢も続いていて夜は何度も起きて寝付いてくれない。次の日の朝にさっそく小児科に連れていったら脱水のために点滴を打つことになった。予防接種以外で初めての小児科で産まれて初めての点滴。一時間ほど抱っこしながら点滴のくだが外れないようにして、薬を処方してもらった帰宅。薬のおかげで発熱はおさまり食欲も出てきたけど、下痢だけがおさまらない。そのせいでしばらくしたらお尻が真っ赤にかぶれてしまい、お風呂でお尻を洗うと痛みで泣くようになってしまった。あまりにもひどいので次の週に再び小児科にいってお尻の状態を見てもらい、乳糖の吸収を助ける薬とお尻のかぶれをカバーする薬を処方してもらった。産まれてからずっと健康で体調を崩したことがなかったから、ちょっと慌てたけど今はお尻のかぶれも綺麗に戻り始めてるので、このまま元気を取り戻してくれるといいな。