1年齢幾分のこどもが好んで食べていただける麺類計画

私の小児は、5ヶ月半ごろに離乳食出版しました。
ゆっくり我らが食べてるものに興味を持ち始めたことと
それを見てヨダレが多くなったので作ることにしました。

離乳食は思ったよりも時間と労力がかかり、
中期から後期にかけては内容の総量も増えてきて一度に3代物ぐらいを目安に
作ってました。

中期からは手づかみで食べれる内容や、少し香味料も使い始めました。
だけど、小児は離乳食を進めて行くごとに取る音量が減っていきました。

小児はとにかく娯楽食べがあるとわかってましたが
遊んでも食べてはくれなくなり、丸毎日何も食べてくれないこともありました。

食べるものは何と手探りしながら食べ物を作っても
食べてくれないので心が折れそうになったこともありましたが
唯一、小児が好んで食べて受け取る内容がありました。

それが、麺類だ!お蕎麦はアレルギーが心配なのでまったくあげられませんが
焼きそばやおパスタやうどんは割と思い切り食べてくれることに気づいてからは
麺類をあげることが多くなりました。
殊にお宝は、トマト味覚のパスタのようで、
口の周りを真っ赤にに汚しながら美味しそうに食べていただける外見に快くなります。

玉ねぎや鶏肉を薄く切って、極力野菜も食べてくれるように工夫して吊り上げるようにしています。
もっともっと色々なご飯を食べてほしいので
小児が気に入って得る夕食を手探りしたいと思います!ミュゼ ひざ下